星空と荒波の間で ヨシハル航海記

大航海時代Online の世界で、こっそり生きる航海者ヨシハルのメモ  (エログではないので、アダルトコンテンツは含まれていません)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぽちっとな ← ぽちっと押してってくださいな
PageTop


安平造船所

やっと三月が終わったヨシハルです。忙しいときのほうがブログ更新してるのはヒミツです

ブログ読んでますよーってお声掛けいただくことが増えました。
やっぱモノ書きにとっては反応があるのが一番うれしいですね。

電車通勤の合間に書いて、ちょこっと修正してあげているので
乱文乱筆ですが開き直ってますw

GW中は数日MAX模擬にでれるので、ちょこちょこ出てます。
しかしまあ、名工の消費が厳しいですねえ

5月のILはでられそうなのでまたどこか拾ってくださるところがあったら
お誘いいただけると嬉しいです。

メモリアル大海戦なるものが来るそうですが、全部でれませんorz
最近 ぷくぷくしてないなあ。


さて、今回は終わらない3月(世間一般でいう4月)に
台湾 台南市安平区に再訪してきたのでそのネタを。

目的地はもっと南だったんですけどね。








台湾の京都と言われる台南市は、日本統治時代の建物も多く残る風情のある町です。
日本ともかかわりが深く、北東にある烏山頭ダムや飛虎将軍廟などには
日本人が神様として祀られています。
日本人であれば一度訪れてみたいところがたくさんある街です。

去年は鄭成功さんがらみで安平古堡に行きましたので、
今年は同じく鄭成功さんのオフィスであった「赤崁楼」にいってきました。


鄭成功とオランダ軍使者

ここは台湾のホワイトハウス・最高行政機関となったこともあるんです。
DOL内の鄭成功さんがいる建物もたぶんコレですね、位置的に。

海賊あがりの彼の航海術はとても優れていたと伝えられています。
他の季節には吹かない風を読み、安平のオランダ軍を撃退したと言われています。

この像はオランダ軍の降伏を受け入れたときのものなのですが
以前はオランダ軍の使者は跪いていたそうです。
この像では使者の死者が立ったまま頭をうなだれています。

中国大陸から国民党がわたってきたときに台湾独立の気風を削ぐため
英雄:鄭成功とオランダ軍が対等であったかのような像に変えられたそうです。




赤崁楼には台湾の古い船のモデルがたくさん並んでいました。

沙船

お馴染の「沙船」
足が速く、河や近海を移動するための船だそうです。とても4スロあるようには見えません。
船尾に櫂があって漕いだり、舵として使うようです。


大福船

甲板楼が特徴の「大福船」
DOLでは輸送船のイメージが強いですが戦船なんですね



八蒋船

DOLには登場しない「八蒋船」です
哨戒用の船で、敵を攻撃することができない小型船だそうです
ガレーですねw



両頭船

こちらもDOLには登場しない「両頭船」です
両方とも船首なので、どちらにでも進め、風が強い時に重宝したそうです。
船首クリをもらって停船したら、いきなり逆方向に進むなーんてことができるのかしら?



台南料理は甘いのですが、これまた美味いんですね。
去年たべた担仔麺とか今回も食べましたよ!

ローカルフードの 碗粿(わんくぇい) (左)
碗粿
米粉を練って蒸したプディングの上に甘いタレをかけて食べます。
ちょっと甘いけどイケる。これ、それぞれNTD30(約90円)です


台南のさらに南に用事があったので、台南市にはあまりいる時間がありませんでした。

台湾最大級の漁港「東港(どんがん)」に立ち寄りました。
ここは生の本マグロが食べられるということだったのですが
今年はまだ上がってないそうです。
(先週、初物が上がったと台湾のニュースに出てました)

魚

魚市場には屋台があって、自分で選んだ魚を調理してくれます。
本マグロがなかったので「冷凍でもいいから食わせてくれ」って言ったら
「あんた、日本人だろ?日本人に美味くないものを食わせるわけにはいかない」と
頑固な女将(らおぱんにゃん)に断られてしまいました。
現地では日本人はなにやら特別なようです。

刺身
仕方ないのでカジキやサーモンなど。
生の魚を食べる習慣があるって思うと、台湾と日本は文化的にも近いんだなあって思います。

練りワサビが添えられてるのわかります?
日本から伝わった食文化なのかどうかは不明です。今度聞いてみよう。


金針花
これ、なんだと思います?

DOLの交易品で登場する「金針花」の炒め物です。これも美味いです。
メニューで見たときに、真っ先に注文しました。値段はどんぶり勘定なので不明ですw




最後に今回の目的地。
現地の方々の大歓迎を受けて、いろいろ良くしていただきました。

これ、国家公園の中なのにプライベートビーチ、
ビーチ
リゾートを僕のために貸し切り、もったいない。
友達つれてくればいいのにって到着してから言うんじゃないよw
いつかみんなで行きたいね。

水着持っていけばよかった―。現地はもう30度ぐらいありました
この辺りはダイビングも盛んなようです

こんなところにスーツで行った俺って一体・・・


僕の歓迎会にたくさんの人が集まってくれました。
学校の先生、校長先生、議員さん、地元の有力者、民俗学者、地元の歌手・・・

初めて会った人もたくさんいたのに、平日の夜なのに、遅くまでずっと話してました。

台湾のこと、日本統治時代のこと、この地の歴史のこと、
この地の経済と、子どもたちの将来を不安に思う声
そしてこれからの両国のこと

台湾は田舎に行くほど親日と言われますがその通りだと思います。
都会はどちらかというと日本の文化に対する憧れからの親日。(「はーりー」と言います)
地方では歴史的な経緯や、日本人の気質、歴史などを鑑みて親日という人が多いように感じます。
台湾を訪れる日本人には、彼らをがっかりさせないような言動を私は望みます

満月が西に傾いても去る者がない春の暑い夜でした。



お酒
バランタイン17年。日本でもめったに口にしないのに、何本空けただろうw
もったいない・・・

かなーり酔っぱらってしまって、途中から記憶ないんですよねえw




スポンサーサイト

ぽちっとな ← ぽちっと押してってくださいな
PageTop


> DOL内の鄭成功さんがいる建物もたぶんコレですね、位置的に。

DOLの安平にいったら鄭成功の居城が「承天府」でした。
現在の「赤崁楼」で間違いないですね。

褒章もらえなかったな。


ヨシハル | URL | 2012年05月01日(Tue)13:00 [EDIT]



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。