星空と荒波の間で ヨシハル航海記

大航海時代Online の世界で、こっそり生きる航海者ヨシハルのメモ  (エログではないので、アダルトコンテンツは含まれていません)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぽちっとな ← ぽちっと押してってくださいな
PageTop


IL5月 戦闘詳報その1

プライベートもお仕事も忙しいヨシハルです。コンニチハ。

うんまあ、いろいろ悩ましい話もあるんですが
どんなときも前向きに生きていきたいですね。


さて今月もいくつかの艦隊からお誘いをいただきました。
嬉しい限りです。今回お断りしてしまった艦隊とは
また次の機会があれば混ぜていただきたいと思います。


今回は、精力的にMAX模擬に参加している
かの有名な「しゅっせうお」艦隊に混ぜてもらいました。

今回もうまく練習に参加できず
十分な準備ができないままの参加となってしまいました。


第一戦 ブンブン艦隊Z

いきなりやりにくい相手だ。
過去に固定艦隊を組んだことのあるメンバーも多い相手。
このリーグでは艦隊内連携は最上位とも言えるだろう。

登録にないメンバーが一人混ざる、助っ人か?
初戦だ、ここは慎重に行くべきだろう


一進一退の攻防から、敵旗の耐久管理が甘いことに気づき、
全員で集中的に削って行く

機雷機雷クリ機雷クリ、野菜も残さず食えよ。

ドン.ガバチョ「敵旗落とせる値」
ヨシハル「敵旗1240、キャノでも行けるっ!」

押せ押せ、しゅっせうお。ガンガンねらえ
しかし、その代償も大きかったようだ

ドン.ガバチョ「ヤバイ、俺1100台」

ヨシハルの耐久は十分、ここはスイッチだ。
ヨシハル「外でて、オレ中行く」

敵船の攻撃により ドン.ガバチョの船が撃沈されました!

くっ。間に合わなかったか…
沈んたガバチョさんから情報が送られる。

ドン.ガバチョ「敵旗1200」

数的不利だがまだいける。一撃で勝利をつかむこと可能だ。
なんて思った瞬間。

敵船の攻撃により、ソニックスの船が撃沈されました!
敗北しました。

ううむ、慎重にいったはずなのに俺何もしないまま終わってしまった・・・
敵の耐久は十分減らせていたので、もう少し先手を取りたかった。



第二戦 もしピー(ひょっとこ)

少し固いか?上手くかみ合ってないか?
ヨシハルの練習不足で周りとマッチしてない。

1週間前の合流で練習は3日しかやってないが
そんなのはいいわけだ、傭兵ヨシハルともあれば
ぶっつけでも連携しなければならない


同数の混戦からヨシハルは敵キャノンと対峙
遠くのゼルさんが瑠璃さんに砲撃支援。敵船ダメージは112。
カロに対峙した瑠璃さんが素早く弾道をONにする

瑠璃姫が敵船を撃沈しました!

よし、と思った瞬間。

敵船の攻撃により、ソニックスの船が撃沈されました。

L字陣形からクリティカルと横の2コンボ
ヨシハルが内側に舵をきっていれば
コンボを狙える位置にならなかったのに。ごめんよソニさん。

俺何もしてないどころか足を引っ張ってる・・・これはマズイ流れだ。



第三戦 =TEAM=エジプト王ダッフォーズ

出たな、コノヤロウ。油断も隙もあったもんじゃない。

下手すれば勝ってもダメージが次の試合に及ぶ相手。
Z鯖有数のネタ艦隊が合流、こいつは侮れない。


「さっき安宅だらけだったよね?」
「やだなあ、めんどくさいなあ」
「最後にやりたいよなあ、船員減るし。」
「ダッフォーズ、嫌いじゃないけどやりたくないw」
「白兵圧迫対策しとくか」

みんながわいわい話しながら思い思いに安宅軍団対策を行う。
チームエジプトダッフォーズのおかげでILの楽しみの幅が広がる

ヨシハルのチョイスはコヴァを外し鉄板を軽いのに替え移動速度重視
できれば重量砲撃が欲しいところだが持ってない。

捕まったときの対策もアリだが
なーに捕まらなければどうということはない。

出航。

あれ?ちょww 安宅が2隻しかいませんw

「4隻いると思ったよー」
「オレ砲撃捨てちまったwww」

どうみても戦略ミスです、ヤバイヤバイw

逆航開戦から、5番艦のヨシハルがインに食い込む
2番3番に配置された敵安宅2隻がそれに反応する。

すかさずターン。さあ、追って来い。
追いすがる安宅の進路に機雷を敷設。

機雷接触!!
機雷接触!!

いいぞ、いいぞ、もっと踏め。

安宅が進路を変える。
しまった、追わせるのが目的なのに進路変えさせちまった。

入れ替わりに近くにいた瑠璃さんが勇猛果敢に安宅に接舷。
白兵を恐れず足止めをする。
白兵に入った敵味方を中心に戦場が展開される。

ヨシハルも反転し集結しつつある敵船を牽制する。
戦場への到着はやや味方のほうが遅れてるか。

近寄る安宅を嫌がって、再び反転。
こっち味方が遅れてるのをみて、敵3隻がヨシハルを包囲にかかる。

よろしい、ならば引っ剥がしてやる
そのまま敵船を連れて、白兵の敵味方から離れる。

一時的に4隻がヨシハルを追うが
安宅のもう一隻が駆けつけてきたゼルさんに反応する。
ソニさんガバチョさんはもう少し離れてる。

3隻を連れて少し離れるが、敵船が反転し始める。
ヨシハルもそれにあわせて再々度の反転。

フフフ、狙い通り。牽制しあって敵の遊軍を作り出した。

白兵を続ける瑠璃さんと敵安宅をうまく使って
ゼルさんが敵安宅2号の追跡を巻く。
そこに離れていたソニさんガバチョさんが駆けつけてくる

白兵中の敵安宅を味方3隻が囲む。

当然ヨシハルの仕事は敵の合流を防ぐこと。
敵旗を含む一等戦列2隻の船尾を狙う。

瑠璃さんが白兵を開ける。どうやらコンボは失敗したらしい。
続けてガバチョさんが白兵に入る。

一等戦列の敵船団にヨシハルが単騎で突っ込む。
Goヨシハル、Go! ここで死ぬなよ、生き延びろ。


瑠璃さんは安宅2に白兵開始。
囲まれるヨシハルにソニさんのフォローが来る。


ゼルゼノンが敵船を撃沈しました!

ガバチョさんが抑えてた安宅をエースアタッカーのゼルさんが撃ち抜く。
安宅を含む艦隊に先落ちを取ったのは非常に大きい。

ソニさんが敵2隻に半包囲網を作られそうだ。
ヨシハルがフォローに向かう。

移動しながら周りを見渡すと、瑠璃さんが安宅2と未だ白兵中。
それをL字に囲むゼルさん、ガバチョさん

ここは行くしかないでしょう!狙え、3コンボ!!


ドン.ガバチョが敵船を撃沈しました!

コンボは発生しなかったがガバチョさんが安宅を撃ち抜く。


これで5-3。ソニさんを外に出して白兵してれば勝つる
ソニさんの近くの1隻に接舷する。
味方の3隻はまだ遠い。上手く合流してくれ

ドン.ガバチョが敵船を撃沈しました!


あれ?僕がまったく見てないところでガバチョさんが大活躍。
今までの緊張がほぐれた瞬間。ほっとしたコメントが並ぶ

とりあえずこれで1勝。
ここまで良い流れではなかったがこの戦闘は悪くなかった。



第四戦 さざなみ

さざなみ艦隊は過去に混ぜてもらった上に、これまで敵としても何度も戦った艦隊。
的を絞りにくく、個人的には敵としては苦手な艦隊だ

耐久管理をきっちりやって、耐久のさがった相手を集中的に狙おうという
オーソドックスな作戦を選択。

戦闘開始!

ノリスケさんがあらわれた。

ノリスケさん苦手なんだよね、白兵戦迎撃はほとんどダメージ与えられないし
クリティカルの幅が狭いのか、旋回が上手いのか、ヨシハルが下手なのか
おそらくその全部だろう、なかなかクリティカルが入らない。


ヨシハルは敵重量を引き受け機雷で戦う。
2-2と3-3に分かれての膠着状態。

ヨシハル「敵重量1287」
うん、狙い通りだ、ジリジリ削ってやる。

ドン.ガバチョ「合流?」

狙いが定まったので合流したいんだが、それをさせてもらえない
2-2と3-3に分かれての膠着状態が続く。

ヨシハル「敵重量1250」
上手く狙えそうな形になって、敵もこちらの旗を狙う。
足をとめて打つ余裕もなく、白兵での潰しあいが続く。

クリティカルを流れでいくつかいれて
耐久管理で優位になってるこちらがやや有利か?
いや、油断すると一撃でやられる。ここは慎重に。

白兵合戦から、チャンス到来。
ヨシハルが捕まえた敵をゼルさんが狙う。
横風だが点滅してるだろう、いけるか?

どーーん!

ダメージ 1271

くっ、この敵艦はまだそんなに耐久は下がってない。
落としきれなかった。

逆に味方旗のソニさんが捕まる。ヤバイ、フォローに行きにくい位置だ

ソニックス「ffff」

遠くで2-2してる味方も向かえない。
ヨシハル白兵中、急いで抜ける。

よし、ついてる。一発で抜けた。船首砲で牽制しながら接舷を発動。
ソニさんを狙っていた敵艦を捕まえる。

まさに一進一退の攻防。まったく気が抜けない。
ヨシハルが貫通まで入れられる余裕はまったくない。


狙ってのことではないが、遠くの2-2と合流。5-5の混戦になる。

瑠璃姫「ノリスケさん、弾切れ?」

開始11分まだ、弾切れには早いような気もするが
ノリスケさんは砲撃回数が少ないようだ。

よろしい、ならば確認しようではないか。
ノリスケさんに白兵を挑み、仕込み爆薬をポイポイ投げ込む。

・・・成功しない。

それどころか風下で抜けクリを狙われてしまってる。

ヨシハル「f」

出前迅速の瑠璃さんがフォローに飛んでくるが間に合うか!?

撤退成功!!
白兵戦終了!!

しまった、抜けられちまった。
どーーん!


ゼルゼノンが敵船を撃沈しました!


ヨシハルは上手く外れたが、その遠くでゼルさんが敵重量を仕留めたらしい
さすがエース、欲しいところでキッチリ刈り取ってくる。狙い通りの5-4だ。


この流れでノリスケさんが本当に弾切れならば、かなり有利だ。
ここは危険を冒しても確認するべきだろう。

そして白兵で確認できないならば、ここは「アノ必殺技」を繰り出すべきだろう。
大丈夫、俺の耐久は十分だ、これなら行ける!



必殺 お尻向けフェイント!!(2ヶ月ぶり2回目)


ノリスケさんにわざとお尻を向ける。

前砲撃とのタイミングから点滅装填はない。
近くに味方がいるから、貫通までは入れられないだろう。


しかし、なにもおこらなかった。


船尾砲を撃って誘う余裕があったが、撃ってこない

こ、これは本当に弾切れなのか?
少なくとも砲弾枯渇が心配なレベルではあるようだ。


ここはオーソドックスな安全策で味方旗をフリーにすべきだろう
瑠璃さんとヨシハルで ソニさんの周りから敵艦をひっぱがす。

ソニさんを足止めしていた敵を引きうけたが
そのヨシハルを敵旗が狙う。

くっ。ここで沈んでは流れが変わっちまう。

その瞬間、遠くから赤い二連弾が飛来する。


瑠璃姫が敵旗を撃沈しました!


どうやら、ヨシハルを狙うために連弾防御を切っていたようだ。
ギリギリの勝負を拾い、なんとか2勝目をあげた。



第五戦 ユトレヒトAEV連合艦隊

敵のエースは僕も良く知るカノン・アーサー。
ちょっと油断するとバシバシ落としてくるスナイパータイプの旗。

この艦隊もさざなみ同様誰でも旗ができるポリパレント性が特徴で
味方のフォローが上手い。一人一人の意識が高いのだ

逆航戦で開始。

敵旗をフリーにすると危険だ、ヨシハルが受け持つ。
粘着白兵、狙わせる。きっちり舵を入れておけばどうということはない。

外周にでる敵旗を外に、内側を並行して走る。
これで内側をスナイプすることはできない。

反転して振り切ろうとするが、そうはさせない
食いつくぜ、スッポンディフェンスだ。


内側を取っているので、むしろヨシハルはスナイプできる。
近くにいるので貫通までは発動できないが、味方にあわせてコンボを狙う

2Combo!! -1060

少々ダメージは少ないが狙いはいい。
敵旗は外周に置けてるので無力化できてる。

白兵に入るがお互い味方は狙いにこない。お互いボックスワンの形。

抜けクリを狙えるが、軽くスルー。
俺の仕事は敵のエースを止めることだ。無力化できれば勝利は転がり込んでくる。

さすがに狙いに気づかれ、追いかける形になってしまう。

どーーん!

危ない!ゼルさんが抜けクリを決められた
ダメージが低くて助かった、これだから油断できない。

慌てて追いつき、接舷を発動して敵旗を捕まえる。
白兵を抜けたゼルさんが報復攻撃を行う。

ヨシハル「さ」

どーーん! Critical!! -1059

くっ、足りない。機雷は撒けてない、その瞬間。


敵船が敵旗を沈没させたようです!
航行不能!!

は?どういうことだ?


敵旗が白旗を揚げている。

抜けクリを決めた直後のゼルさんが敵旗が白兵に入った。

ゼルさんを止めようと追ってきた敵船がゼルさんにキャノンを叩き込んだが
白兵中の砲撃扱いとなってしまい、敵旗ダメージ-209

敵にしてはあまりに不運な、我々にとっては幸運で試合終了。


うん、ラッキーは間違いないけど
その前にゼルさんが抜けクリ決めてたから勝てたんだぜ?

なんと3連勝、勢いに乗ってきた。


to be continued... coming soon!






maybe...

スポンサーサイト

ぽちっとな ← ぽちっと押してってくださいな
PageTop



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【IL5月 戦闘詳報その1】

プライベートもお仕事も忙しいヨシハルです。コンニチハ。うんまあ、いろいろ悩ましい話もあるんですがどんなときも前向きに生きていきたいですね。さて今月もいくつかの艦隊からお誘いをいただきました。嬉しい限りです。今回お断りしてしまった艦隊とはまた次の機会があ...

まとめwoネタ速neo 2012年05月20日(Sun) 07:26


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。