星空と荒波の間で ヨシハル航海記

大航海時代Online の世界で、こっそり生きる航海者ヨシハルのメモ  (エログではないので、アダルトコンテンツは含まれていません)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぽちっとな ← ぽちっと押してってくださいな
PageTop


第33回 大海戦 二日目


今回も三艦隊。四艦隊にすることもできたけど、それはやめました。

Redeyes艦隊所属のメンバーがちょうど五人だったこと
旗艦担当 ヒロヒロさんが二日目より参戦したことを考えて
ぷくいち第三艦隊としては編成せずに、RedEyes独立艦隊として編成しました。


先に RedEyes艦隊の話を。

ヒロヒロさんはRedEyes艦隊の旗艦主任。
迎撃もできる攻撃力と十分な経験をもつ頼りになる提督です

うぶめさんは私の見るところ護衛な操船に長けていて
離れても旗艦周辺に戻ってきてくれる、旗艦からの視点みるととてもありがたい存在です

ぷっちょさんはRedEyes内で急成長してるホープです。
もともとうぶめさんとの連携した操船に加えて、最近は攻撃力もつけてきてます
(ヨシハルは多分抜かれたw)

ミヤポは中距離を得意とする攻撃主任。
撤退クリなど基本に忠実な砲撃は RedEyesでも上位の攻撃力を誇ります

シッドさんは、個人的にはよく知らないんですが(^^;
古参の軍人で艦隊戦には慣れていると聞きました。



いっつも一緒に練習してるメンバーがちょうど5人なら、これを分ける必要はないでしょう
私の知る限りでは、ピュアなRedEyes艦隊としては初の大海戦参加だったと思います

ペア艦隊には、海上護衛所属な某廃人の別キャラを旗艦に
募集をかけて集まってもらいました。
そのメンバーの中には、初日MVPなアノ人も参戦してくれて、ぷくいち第一第二ペアよりも期待できるんじゃないかと思ってました


結果は・・・・

スイマセン聞いてませんでした(ソフトバンクCM風



あとで聞いておきます(汗




― 一方、ぷくいち第一第二ペアでは・・・

頼りになる快速旗艦の びっくり白鳥さんがいるので、小中は旗艦をお願いして
ヨシハルは第一艦隊の僚艦として参加しました。
(第二艦隊はもちろん固定の剣客です。)


今回はメンバーの入れ替えがないということで、いろいろ動きました。
カイロを出航し、ヤッファ前からベイルート前、カンディア前から黒海に移動。


小型の途中から黒海に居たんですが、両軍合わせて70隻程度という
黒海にしては大盛況だろうけど、大海戦としては どうよ?という人数でした


おかげで敵を探しながら、彷徨う彷徨う

この日行ってない港はサロニカだけかな?


ブイチャットや RedEyes艦隊の状況から、カンディア前が激戦区になってることを尻
黒海からイスタン、アテネで大型に乗り換えてカンディアまで戻ってきました。


カンディア前の大型は大混戦、ラグが発生した人もいたようです

混戦に強くないぷくいちは大型戦はあまり良いスコアを残せませんでした。


あげく旗艦ヨシハルは敵に仕掛けようと思って
違う味方の援軍に入ってしまい
味方のペア艦隊を分断するという、援軍妨害までやっちまいました

ごめんなさいゴメンナサイごめんなさいorz



全クラスで勝ち越すことはできたんですが
やっぱ大型のスコアが伸びなかったせいで、戦功も伸び悩んだ人も多かったようです

個人的には小中で与撃沈を稼いだ関係で、戦功55(ぐらい?)でしたが
旗艦としては、僚艦に戦功稼いでもらってナンボなので
ちょっと心苦しいかったです・・・



模擬には戦列艦ででてること
中型のコルヴェットから 大型の装甲戦列への乗換えにギャップが大きく
ヨシハルの中の人が慣れるまでに時間がかかってしまったようです。


模擬用装甲戦列つくったほうがいいのかなあ・・・

まあとにかくもちょっと模擬にでて、腕をあげないとですね
旗艦がしっかりしないと、艦隊がグダグダになっちゃうからね。


またがんばろうっと

スポンサーサイト

ぽちっとな ← ぽちっと押してってくださいな
PageTop


書き込み設定を変更してみましたのでテスト。

コメントスパム対策です


ヨシハル | URL | 2008年04月01日(Tue)08:47 [EDIT]



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。