星空と荒波の間で ヨシハル航海記

大航海時代Online の世界で、こっそり生きる航海者ヨシハルのメモ  (エログではないので、アダルトコンテンツは含まれていません)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぽちっとな ← ぽちっと押してってくださいな
PageTop


Interleague 2012/01 参加してきました

数日ログオンしない日が続いたりしているヨシハルです。
千里の道も一歩から、毎日ログオンすることが大事です。

第8回となるInterleague 2012/01 に参加してきました。

誰からも誘ってもらえなかったらどうしようと思っていたのですが
幸いにも拾っていただくことができました。

先に書いてしまいますが、この大会
とにかく多くの人が参加できるようにとの運営の強い意思があり
飛び入りの参加や、当日の助っ人など柔軟に対応してもらえます。

ギリギリの人数だから参加見送るとかではなくて
一人足りないぐらいなら、気軽に誘って参加してほしい
そんな意図が見えています。

もちろん事前にメンバーが集まっているのは望ましいのは
そのとおりですけどね。


今回は Cリーグ さざなみ さんに混ぜてもらいました。

大海戦では何回か戦ってますが、模擬でやるのは初めて
しかも今回は さざなみの中の人として。

さてさて、どうなることやらと思ってましたw







リス模擬で何回か混ぜてもらって
幾人かの方の特徴は少し理解できたつもりで参加しました。
事前に固定で組んでるとだいぶ違いますね。



当日は5人中一人が遅刻というところに助っ人で参加だったのですが、
6人で回してやろうというありがたい配慮で、個人としては計6戦やってきました。


○第一戦 グランブルー商会 4-5から旗を落とされて負け

メンバーが入れ替わっているものの以前混ぜていただいたグランブルーとの対戦。

巡航開戦から端に向かって併走。
セオリーどおりに旗を追い越して、敵の艦隊の頭を取ろうとしたら
某氏が回線おちで、そのままリングアウトw
なんとか逆転をーと思ってましたが、何もできずに2~3分経過後
旗を抜けクリでやられて終了。

初戦って怖いですねw


○第二戦 IMP よく覚えてないけど粘って地力負け

Aリーグでも上位をうかがう強豪。
底模擬では何もさせてもらえなくて、あっけなく負け続けてたので
とにかく慎重に思い切っていこうという開き直って望んだ一戦。

旗と5番のカロが正確無比なので、ヨシハルがうち一隻を徹底マーク
重量を打ち込まれて悶えちゃってましたが、ある程度は仕事できた気がする。

第一戦が3分ぐらいで終わってたので、目標5分なんて声もありましたが
5-5がしばらく続いて、12分経過したぐらいに1隻落とされ
その後は畳み掛けられて、力尽きて負け。最後は2-5ぐらいだったかなあ


時間がかかってもキッチリ寄せてくるあたりがやっぱり上位のチーム
時間を使わせただけで、善戦とはいえないですね。もっと精進せねば。。。


○第三戦 ぺぷしこ 見学してました、結果は負け

ここもメンバーだけ見ればCリーグとは思えないチーム。
じらいやさんはオールラウンダーでいつか追い越したいなあと常々思ってる人。
(面と向かって言ったことはないけど)
rinkさんは ぷく模擬講座の参加者で、あの頃はまだ模擬初心者でしたが
完全に追い越されましたねw 

ちょっと別のことがあったので、最初からは見れませんでしたが
一落ち取られて、順次落とされてしまった気がする。
相手は堅実な隙の少ないチームだと思いました。


○第四戦 月見花の子フンフン やっとの思いで勝ち

いきなり3敗を喫してしまい、残留が厳しくなってくるところで
僕が苦手とする ぺんちん擁する月見艦隊。
中外でつかみ所のない動きをしてくるので、いつも翻弄されてますw

役割が明確な相手なので、インの白兵を早めに離してアウトサイドのカロをケア。
こちらは役割を明示しない感じでやってましたが一人はパス出し専念もありだろうと
IMP戦ほど特定マークはしないものの、カロや混ぜに仕事をさせず
ヨシハルの一撃で落としたりもしましたが、逆にヨシハルが反撃くらって落ちて
追いつかれたりもしましたが、なんとか押し切って勝ち。

あっちゃんが沈むと、くまーぶの晩御飯が被害を受けるかと思ってましたが
そんなことはなかったようです。 あ、僕も沈んだからか?


○第五戦 赤き竜の翼 あまりいいところがなく負け

古参商会の赤竜は個人的な対戦としては過去何回かやってます。
商会艦隊で準固定化されたメンバーは、他ほど役割は明確じゃないものの
知ったる仲間の優位性かまとまりのあるチームだなあと。

元はAリーグで戦ってたチームなので先手を取られては逆転は難しいだろう
と思ってたら、思っていたようにやられてしまいましたw

一落ち取られてからひっくり返す方策を考えておかないといけないですね。
味方が沈んでいくのをただ見てるだけになってしまいました・・・


○第六戦 TuathaDeDanaan お尻に火がついて勝ち

TDD自体はあまり知らないのですが、少し前のプレミアリーグあたりから
頭角を現してきた新鋭チームという印象。
相手のことよりも自艦隊が問題で、もうこれ以上負けたら降格してしまうという瀬戸際。

この時点で昇格の3チームがほぼ決まったという情報を受けてました。

運営チャットルームに入ってなかったので詳しい結果は見えてませんでしたが
3チーム昇格は地力が上と思ってた、第一戦~第三戦と予想。
残りの5チームで残留枠2を争うとすれば、残留ラインは三強以外の相手に2勝2敗。
3勝チームが2つ出てしまうこともありえるので、すでに現時点で1勝1敗してることから
ここは絶対に負けられない戦い。

助っ人参戦なのに、ここで負けてしまったらぜんぜん助っ人じゃねえよと
気合入れて戦いました。底でちょっと練習していた個人的な作戦も投入。

結果なんとか勝ちました。インに入る立ち回りながら
大事な一戦で与1ですから何とか助っ人の面目躍如ですかねえ?

あれ?でもこの一戦はあんまりインに入っていかなかったような・・・
勝ったし、ま、いいかw


○第七戦 ユグドラシル商会 ラッキーパンチ(本人談)で見事な一勝

前回のMAXinZ前の交流戦で戦っていた相手。
外にでて耐久温存とスナイプを狙ってくる敵旗、
それを追おうとすると回りに引き剥がされて逆に狙われるっていう相手。

助っ人ヨシハルは見学で、ピュアさざなみ艦隊で勝負。

一進一退のいい戦いでしたが、最後はblackparさん(でしたよね?)が
「うほほ、ラッキー」と喜んだ一撃で旗を捉えて勝利。
ラッキーパンチを呼び込むのも実力です。



終わってみれば、Cリーグ4位で残留。
三強を除いた5チームではトップで残留ですから、よかったよかった一件落着ですね



総評:
Cリーグといえど強豪といえる相手もいて、なかなかの混戦でした。
参加チームが多く開催も8回目となったので艦隊のすみわけができてるんですね。

各艦隊にいるキーマンをマークして仕事をさせないのはどこのリーグでも一緒ですね。
耐久管理が甘いチームも散見されますが、それもお互いさまなので一撃で勝負が決まります。

上位との差は「耐久管理」と「パスの精度」だと思います。

役割が決まっていても決まってなくても、敵味方の耐久を見て
誰を安全にするのか、誰を狙うのかを判断し、
それが言わずとも艦隊内で共通認識となるようにならないと
「耐久管理」とはいえないと考えています。

白兵で捕まえている相手の耐久と、近くにいる味方の大砲を勘案して
どのタイミングで抜ければ、味方が仕留められるのか
それもまた皆まで言わなくても共通認識になる、
そんな「パスの精度」というのがCリーグ全体で弱い気がします。

そんなことを言うヨシハルもまだまだできていませんがw


さざなみ艦隊は外から見てるよりもずっといい艦隊でした。

決め事らしい決め事には気づけませんでしたが
お互いを知ってるからでしょうね、いい連携してました。
それにヨシハルがついていけなくて足を引っ張った感がすごくありますw
また是非一緒に戦わせていただきたいと思いました。


そもそも参加できるのか?っていう状態から拾ってもらったのに
従来のメンバーと同じ扱いをしてくださった さざなみの皆さんに感謝。


スポンサーサイト

ぽちっとな ← ぽちっと押してってくださいな
PageTop



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。